IT業界では経験が大切

IT業界で転職するためには経験がものを言います。未経験であれば、自分のスキルを証明するために資格が役に立ちます。経験者ではどれだけのスキルがあるか、自分がどんな仕事に携わったかが大事となってきます。

求人情報を見てみると必要なスキルが企業毎に書いてあります。企業によって使用する技能はそれぞれです。C言語一つとっても企業によって使用する言語が違っていたりします。IT技術のことはよく分かりませんが、C言語を全て理解している人などいるのでしょうか。ITの技術は幅広いですから、自分の得意な分野、苦手な分野があるのが普通ではないでしょうか。

自分のスキルを磨くためには得意分野を磨いて、その分野のスペシャリストを目指す方法と、あらゆる分野を経験してマルチスキルを求めるかです。自分がどのようにIT業界で働いていきたいかを考えて、スペシャリストを目指すのかマルチスキルを目指すのかを長期的な視野で考えましょう。IT業界は人材不足と言われていますから、スキルさえあれば高収入が望めるでしょう。下流工程ばかりの仕事ではスキルアップが望めませんから、上流工程の仕事ができるように自分がどのようなスキルを持てばいいのか常に考えながら仕事をしていきましょう。

順調にスキルアップをしていけば上流工程の仕事もできるようになって、責任のある仕事を任せられるようになるでしょう。そうなれば仕事にもやりがいが出てきます。5年後、10年後の人生設計をしてどのようなスキル、経験が必要なのかをしっかりと把握して働きましょう。

Posted in | No Comments »

Leave a Reply